About Us
"Moissanite Shop"はダイヤモンド類似石として知られる米国チャールズ&コルバード社製モアッサナイト(モアッサン石)のルースやジュエリーを扱う日本で唯一の通販専門店です。

ダイヤモンドルースを超えた輝きを放つモアッサナイトのピアス
最新情報

商品カテゴリー

モアッサナイトのピアス(プラチナ枠使用)

  ■■ Forever ONE (D-E-F グレード))使用
モアッサナイトのピアス モアッサナイトのピアス モアッサナイトのピアス スペース
モアッサナイト
ピアス(Pt900)
ラウンドブリリアント
ダイヤ2.4ct相当
(1.2ct X 2石)
定価178,000円
【商品詳細】
**納期3週間**
モアッサナイト
ピアス(Pt900)
ラウンドブリリアント
ダイヤ2.0ct相当
(1.0ct X 2石)
定価138,000円
【商品詳細】
【在庫あり】
モアッサナイト
ピアス(Pt900)
ラウンドブリリアント
ダイヤ1.6ct相当
(0.8ct X 2石)
定価118,000円
【商品詳細】
**納期3週間**

  ■■ Forever Brilliant (G-H-I グレード)使用
モアッサナイトのピアス モアッサナイトのピアス スペース スペース
モアッサナイト
ピアス(Pt900)
ハートカット
ダイヤ1.6ct相当
(0.8ct X 2石)
定価104,000円
【商品詳細】
**在庫あり**
モアッサナイト
ピアス(Pt900)
ハートカット
ダイヤ1.2ct相当
(0.6ct X 2石)
定価88,000円
【商品詳細】
**在庫あり**

  

モアッサナイトのリング(プラチナ枠使用)

  ■■ Forever ONE (D-E-F グレード))使用
モアッサナイトのリング モアッサナイトのリング モアッサナイトのリング モアッサナイトのリング
モアッサナイト
リング(Pt900)
ラウンドブリリアント
ダイヤ1.2ct相当
定価123,000円
【商品詳細】
**納期3週間**
モアッサナイト
リング(Pt900)
ラウンドブリリアント
ダイヤ1.0ct相当
定価115,000円
【商品詳細】
【在庫あり】
モアッサナイト
リング(Pt)
ラウンドブリリアント
ハロタイプ
定価168,000円より
【商品詳細】
【在庫あり】
モアッサナイト
リング(Pt950)
ラウンドブリリアント
スリーストーン
定価168,000円より
【商品詳細】
【在庫あり】

  ■■ Forever Brilliant (G-H-I グレード)使用
モアッサナイトのリング モアッサナイトのリング スペース スペース
モアッサナイト
リング(K18PG)
ハートカット
ダイヤ1.0ct相当
定価103,000円
【商品詳細】
**納期3週間**
モアッサナイト
リング(K18PG)
ハートカット
ダイヤ0.8ct相当
定価95,000円
【商品詳細】
**納期3週間**
  
セミオーダーリング


モアッサナイトのペンダントトップ(日本製プラチナ枠使用)

  ■■ Forever ONE (D-E-F グレード))使用
モアッサナイトのペンダントトップ モアッサナイトのペンダントトップ モアッサナイトのペンダントトップ スペース
モアッサナイト
ペンダントトップ(Pt900)
ラウンドブリリアント
ダイヤ2.7ct相当
定価199,800円
【商品詳細】
**納期3週間**
モアッサナイト
ペンダントトップ(Pt900)
ラウンドブリリアント
ダイヤ1.9ct相当
定価148,000円
【商品詳細】
**納期3週間**
モアッサナイト
ペンダントトップ(Pt900)
ラウンドブリリアント
ダイヤ1.2ct相当
定価108,000円
【商品詳細】
**納期3週間**

  ■■ Forever Brilliant (G-H-I グレード)使用
モアッサナイトのペンダントトップ モアッサナイトのペンダントトップ スペース スペース
モアッサナイト
ペンダントトップ(Pt900)
ハートカット
ダイヤ1.8ct相当

定価138,000円
【商品詳細】
**在庫あり**
モアッサナイト
ペンダントトップ(Pt900)
ハートカット
ダイヤ1.0ct相当

定価80,000円
【商品詳細】
**納期3週間**

  

モアッサナイトのルース(裸石)

モアッサナイトのルース モアッサナイトのルース モアッサナイトのルース スペース
モアッサナイト
ラウンドブリリアント
【Forever One】
ルース各種
定価24,000円より
【商品詳細】
**在庫あり**
モアッサナイト
ハートカット
【Forever Brilliant】
ルース各種
定価15,000円より
【商品詳細】
**在庫あり**
モアッサナイト
ラウンドブリリアント
【Forever Brilliant】
**アウトレットSALE**
【商品詳細】
**在庫あり**

  

モアッサナイトについての説明

■■ モアッサナイトご紹介ビデオ(当社の取り扱いのCharles & Colvard社制作)
下記ご紹介ビデオにて、モアッサナイトの製造工程及び品質管理体制等をご確認頂けます。




モアッサナイトとは?

 モアッサナイトとは1800年代にアリゾナ州の隕石の中から発見されました。炭化ケイ素(SiC)という化学名でも知られ、非常に限られた量で、天然に存在する鉱石のことです。宝石として十分な大きさがある天然モアッサナイトの結晶は、その希少性ゆえに使用が禁じられています。長年にわたり、科学者たちがこの類いまれな光り輝く素材を再現しようと試みてきました。そして、つい最近、先端技術の力によって、米国のCharles & Colvard(チャールズ&コルバード)社がラボで製造する方法を開発しました。モアッサナイトは、芸術と科学が実にユニークに美しく融合した宝石なのです。

◆ モアッサナイトとダイヤモンドとの違いについて

 無色透明、そして硬度がほぼ同じで耐久性があるという優れた特性ゆえに、ダイヤモンドとモアッサナイトは素人では見分けが困難です。しかし注意深く調べるとこの2つの優れた宝石には決定的な違いがいくつかあります。最も明らかな違いは、モアッサナイトとダイヤモンドが際立って異なる化学組成、物理的特性、光学特性を備えた、全く異なる2種類の宝石であるという点です。モアッサナイトの化学組成は炭化ケイ素(SiC)で、ダイヤモンドは炭素(C)でできています。(モアッサナイトが、ダイヤモンドの特性に近いのは同じ炭素(C)を含んでいるといえます。)輝くのはどちらも同じですが、モアッサナイトの輝きは、屈折率を比較してみると、実際のところダイヤモンドより大きいのです。
 モアッサナイトの輝く度合い、すなわち2.65~2.69という屈折率は、ダイヤモンドの屈折率2.42より約10%高いです。モアッサナイトにはダイヤモンドルースより高い屈折率があるだけではなく、測定値0.104という光の分散度(ファイア)は、測定値0.044というダイヤモンドのそれのほぼ2.5倍になります。  興味深いことに、ダイヤモンドにはもともと油脂に対する親和性があります。油脂がダイヤモンドの表面に蓄積すると、その光沢が徐々に失われていきます。モアッサナイトの場合、油脂を寄せ付けにくく、長い間洗わなくても輝きを失いません。 また、モアッサナイトはダイヤモンドルースより耐久性に優れ、力を入れても2つに割れにくいのです。
フォーエバー モアッサナイトの種類
■■ モアッサナイトの動画
当店にて特注にて製作いたしましたモアッサナイト Forever ONE(直径9.0mm/ダイヤ2.7ct)相当を使用したプラチナ枠リングの動画です。屋外で薄曇りの状態で撮影しておりますが、分散度(ファイア)の高さがご確認頂けます。


下はプラチナ枠 モアッサナイト Forever ONE (ダイヤ1.0ct X 2石 相当) のピアスの動画となります。上記同様に屋外で薄曇りの状態で撮影しております。




◆ モアッサナイトとキュービックジルコニア(CZ)との違いについて

 一見すると、モアッサナイトはダイヤモンドに似ていて、ダイヤモンドや人工ダイヤ、ダイヤモンドルースの代用品と間違えられるかもしれません。ところが実際、モアッサナイトはダイヤモンドの類似品でもなければ、キュービックジルコニアのような「模倣」品とも違います。モアッサナイトは、魅力ある高い品質を備えた全く独自の宝石なのです。キュービックジルコニア(CZ)(おそらく世界で最も人気のあるダイヤモンドの類似石)と比べるとその違いは明らかで、モアッサナイトの独自性がより一層光ります。

 CZはあまり費用のかからない模造ダイヤで、宝石学的に見て、ほとんど全ての性質においてモアッサナイトより劣っています。CZは数え切れないほどの商品名で大量生産され、さまざまなブランド名で販売されています。モアッサナイトと比べると、CZのモース硬度は低い(モアッサナイトはモース硬度9.5/CZは8.0程度です。傷がついたり摩耗したりしやすく、多くの顧客からCZはほんの数年で表面の艶が消えてしまう、との声が聞かれるのはこのためです。CZはガラスを傷つけると言いますが、多くの宝石はガラスよりも硬く、傷つけるのは簡単です。実際、モアッサナイトとCZでは比べものになりません。


◆ モアッサナイトのグレードについて

Charles & Colvard社が製造するモアッサナイトは、そのカラーによりグレードが決められています。米国GIAのダイヤモンド・鑑定基準に基づいて無色に近い順に【Forever ONE】【Forever Brililiant】【Forever Classic】に分けられます。詳細は下記のチャートにてご確認願います。


フォーエバー モアッサナイトの種類

モアッサナイトについてよく頂くご質問について(FAQ)

Q:モアッサナイトとは?

A:
モアッサナイトとは炭化ケイ素(SiC)という化学名でも知られ、非常に限られた量で、地中にある微粒子として見つけられる、天然に存在する鉱石のことです。ダイヤモンド型の骨組みの中に炭素(C)とケイ素(Si)が交互に積み重なっており、ダイヤモンドとケイ素の間を取ったような性質を示します。例えば、モアッサナイトの硬度はモース硬度にして9.5に達しダイヤモンドの次に硬度の高い宝石となります。 宝石として十分な大きさがある天然モアッサナイトの結晶は、その希少性ゆえに使用が禁じられています。長年にわたり、科学者たちがこの類いまれな光り輝く素材を再現しようと試みてきました。そして、つい最近、先端技術の力によって、米国のCharles & Colvard(チャールズ&コルバード)社がラボで製造する方法を開発しました。モアッサナイトは、芸術と科学が実にユニークに美しく融合した宝石なのです。




Q:モアッサナイトとダイヤモンドとの違いは?

A:
耐久性があり、無色に近いため、ダイヤモンドとモアッサナイトはよく比較の対象となります。しかしながら、よく見ると、この2種類の優れた宝石には決定的な違いがいくつかあります。最も明らかな違いは、モアッサナイトとダイヤモンドが際立って異なる化学組成、物理的特性、光学特性を備えた、全く異なる2種類の宝石であるという点です。モアッサナイトの化学組成は炭化ケイ素(SiC)で、ダイヤモンドは炭素(C)でできています。輝くのはどちらも同じですが、モアッサナイトの輝きは、屈折率を比較してみると、実際のところダイヤモンドより大きいのです。

モアッサナイトの輝く度合い、すなわち2.65~2.69という屈折率は、ダイヤモンドの屈折率2.42より約10%高いです。モアッサナイトにはダイヤモンドより高い屈折率があるだけではなく、測定値0.104という光の分散度(ファイア)は、測定値0.044というダイヤモンドのそれのほぼ2.5倍になります。興味深いことに、ダイヤモンドにはもともと油脂に対する親和性があります。油脂がダイヤモンドの表面に蓄積すると、その光沢が徐々に失われていきます。モアッサナイトの場合、油脂を寄せ付けにくく、長い間洗わなくても輝きを失いません。また、モアッサナイトはダイヤモンドより耐久性に優れ、力を入れても2つに割れにくいのです。その上、広く宣伝されているダイヤモンドの婚約指輪は質が低いため、モアッサナイトが多くのダイヤモンドより優れていることで、モアッサナイトの類いまれなカットは歴然としています。あらゆる点で、美しい比類のない宝石として、モアッサナイトは優れた選択肢といえるのです。




Q:モアッサナイトとキュービックジルコニア(CZ)との違いは?

A:
一見すると、モアッサナイトはダイヤモンドに似ていて、ダイヤモンドや人工ダイヤ、ダイヤモンドの代用品と間違えられるかもしれません。ところが実際、モアッサナイトはダイヤモンドの類似品でもなければ、キュービックジルコニアのような「模倣」品とも違います。モアッサナイトは、魅力ある高い品質を備えた全く独自の宝石なのです。キュービックジルコニア(CZ)(おそらく世界で最も人気のあるダイヤモンドの類似石)と比べるとその違いは明らかで、モアッサナイトの独自性がより一層光ります。CZはあまり費用のかからない模造ダイヤで、宝石学的に見て、ほとんど全ての性質においてモアッサナイトより劣っています。CZは数え切れないほどの商品名で大量生産され、さまざまなブランド名で販売されています。モアッサナイト(硬度9.5)と比べると、CZのモース硬度は低い(硬度8‐8.5)です。傷がついたり摩耗したりしやすく、多くの顧客からCZはほんの数年で表面の艶が消えてしまう、との声が聞かれるのはこのためです。CZはガラスを傷つけると言いますが、多くの宝石はガラスよりも硬く、傷つけるのは簡単です。実際、モアッサナイトとCZでは比べものになりません。




Q:モアッサナイトには、天然ダイヤに勝る分散光(ファイア)がありますか?

A:
白色光を分光(虹)色に分けることができるモアッサナイトの驚くべき分散光(ファイア)の力は、多くの女性たちがその美しさに魅せられる一つの理由です。ダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルドといった、どの人気ある宝石よりも多くのファイアを放つため、いかなる宝石もCharles & Colvard社が製造するモアッサナイトにはかないません。事実、ファイアは科学的に測定することができ、0.104というモアッサナイトの光の分散度はダイヤモンドのそれの約2.4倍です。モアッサナイトを何度も目にし、長く眺めれば眺めるほど、持つ価値があることがお分かりいただけるでしょう。




Q:モアッサナイトの透明度(Clarity)は?

A:
天然ダイヤモンド(GIA米国宝石学会のダイヤモンド透明度鑑定)と比べると、モアッサナイト宝石の透明度(Clarity)は、VSダイヤモンド透明度鑑定のそれに似ています。小さくて針のような内包物が、ラボで作られるモアッサナイトの成長過程では必ず発生します。この内包物は、少なくともルーペで10倍に拡大しないと視認できません。つまり、肉眼では見えないのです。Charles & Colvard社のモアッサナイトは基本的に天然元素を利用してラボで製造されるため、Charles & Colvard社(モアッサナイトの唯一のメーカー)は細心の注意を払ってその全過程を管理し、「透明度」に関しては最高品質の宝石用原石を保証できるのです。




Q:モアッサナイトのカラット(Carat)は?

A:
宝石業界では、従来、ダイヤモンドの重さをカラットで量ってきました(1カラットは200ミリグラムに相当)。モアッサナイト宝石は天然ダイヤモンドに比べわずかに軽いだけなので、天然ダイヤとモアッサナイトの大きさは変わりません。例えば、6.5ミリメートルのラウンド・ブリリアントの天然ダイヤの重さは1.0カラットで、同じ寸法(6.5ミリメートル)のモアッサナイトの重さは0.88カラットです。簡単に言いますと、この2つの宝石の重さはわずかに違うかもしれませんが、ミリメートルの大きさをカットしたところで変わりません。市販の台座に合わせるためには、宝石店がミリメートル単位でモアッサナイトを注文する方が簡単なのです。モアッサナイトの比重は立方センチメートル当たり3.21グラムなので、6.5ミリメートルのラウンド・ブリリアント・モアッサナイト宝石は、ほぼ0.87カラットに相当します。




Q:Charles & Colvard社では、モアッサナイトをどのように研磨されているのですか?

A:
宝石が分散光(ファイア)を強める輝きを放つには、手で研磨する以外に方法がないため、Charles & Colvardで製造されるモアッサナイトの宝石は、その一つ一つを熟練した研磨工(カッター)が手で研磨しています。




Q:モアッサナイトは耐久性がありますか?

A:
宝石用原石の耐久性は、その硬度、傷や摩耗に対する耐性、靱性、欠けたり割れたりすることへの耐性で決まります。Charles & Colvard社が製造するモアッサナイトは摩耗に対する耐性が強く、ルビーやサファイア、エメラルド、タンザナイトなどの最も人気の高い宝石よりも丈夫です。事実、モアッサナイトはダイヤモンドに次いで2番目に硬度(モース硬度9.5)が高いです。靱性も高く、割れや欠けに対しても強い耐性を示します。実際、モアッサナイトが世に知られている最も丈夫な宝石の一つであることがお分かりになれば、ご安心いただけるでしょう。




Q:購入したばかりのモアッサナイトを扱う際、どのような点に気を付ければいいですか?

A:
Charles & Colvard社が製造するモアッサナイトは、極めて硬く耐久性に優れ、摩耗しにくいものの、他のすべての宝石同様、絶対に壊れないわけではありません。他の高級宝石と同じようにモアッサナイト宝石を大切にし、荒仕事やスポーツをする際には、指輪やブレスレットを身に着けないよう気を付けてください。モアッサナイトの宝石は、宝石用の超音波洗浄器や、市販の(非抗酸性の薬剤をベースとする)ジュエリークリーナーを使って他の高級宝石を洗うのと同様に、洗浄しても差し支えありません。




Q:モアッサナイトの宝飾品は修理や定寸に耐えられますか?

A:
Charles & Colvard社が製造するモアッサナイトは安定性の高い素材で、耐熱性に非常に優れています。丈夫で耐久性があり、傷や摩耗、割れや欠けに対する耐性も強いです。その上、高温にも耐えられるため、モアッサナイトは修理や通常の指輪の定寸中に、熱で傷つくことがまずありません。




Q:どうしてモアッサナイトにはそれほどの輝きがあるのでしょう?

A:
より多くの白色光を見る者に返すことができるモアッサナイトの上質の輝きと光沢の力は、世界中の女性たちがこの素晴らしい宝石を持ちたがるもう一つの理由です。ダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルドといった、どの人気ある宝石よりも多くの輝きと光沢を放つため、いかなる宝石もモアッサナイトにはかないません。事実、輝きは宝石の屈折率に直接影響されます。モアッサナイトにダイヤモンドのほぼ10%以上の輝きがあるのは、2.65から2.69あるモアッサナイトの屈折率のおかげです。こうした性質によって、Charles & Colvard社が製造するモアッサナイトは、最高のぜいたくと優れた価値となっているのです。

運営会社からのインフォメーション

運営会社のご紹介

株式会社榎本通商は富士山麓の山中湖を拠点とする鉱物及び宝石の専門商社です。世界中の鉱物・宝石ディーラーより、高波動なアイテムを中心に1点づつ丁寧な仕入れを心がけております。

榎本通商の外観

当社運営ショップ一覧

榎本通商の新着情報

ピックアップ・カテゴリー

このページの先頭へ